JMSA NY Life Science Forum 2017 Program



 

8:15-           受付・開場 [Farkas Auditorium]

9:00-9:05          開会の辞

安西 弦 (JMSA; NYU School of Medicine )

9:05-9:10       日本学術振興会(JSPS)の紹介

平田 光司 (JSPS Washington Office)

9:10-9:15       米国日本人医師会(JMSA)の紹介

遊馬 吉右衛門 (JMSA; State University of New York, Downstate Medical Center)

9:15-10:25     医療・トランスレーショナルリサーチI

「心臓移植の現状とそれを取り巻く諸問題」
武田 浩二 (Columbia University College of Physicians & Surgeons)   詳細 →

「脳腫瘍の免疫治療」
岡田 秀穂 (University of California San Francisco)   詳細 →

10:25-10:45   Coffee Break

10:45-11:45   医療・トランスレーショナルリサーチII

ホスピタリティ・マインドと専門職としての看護」
隆杉 知枝子 (Jacobi Medical Center)

「緩和医療について」
中川 俊一 (Columbia University Medical Center)

「パネルディスカッション」

11:45-13:00   Lunch Break

13:00-14:00   産官学連携

「米国の医療保険制度と政府が進める医療施策について」
川端 裕之 (JETRO/厚生労働省)

「米国知的財産業界の主導権争い、医療vsIT、両者の言い分」
丸岡 大志 (JETRO/特許庁)

14:00-14:20   Coffee Break

14:20-14:50   特別講演

最近の日本におけるライフサイエンス研究の現状と課題」
成田 公明 (Japan Biological Informatics Consortium)

14:50-15:30   ノーベル生理学・医学賞の紹介

「Autophagyとウイルス感染」
岩崎 明子 (Yale University)   詳細 →

15:30-15:40   Coffee Break

15:40-16:20   ポスター発表者によるone slideプレゼンテーション

16:20-17:00   2016年ポスター最優秀賞受賞者記念講演

「がんの親玉「がん幹細胞」の細胞周期に着目した新規がん治療戦略」
武石 昭一郎 (Albert Einstein College of Medicine)   詳細 →

「オルファン核内受容体ERRによる転写コファクターPGC-1αと基本転写因子TFIIHを介した多段階転写活性化機構の発見」
中太 智義 (Rockefeller University)   詳細 →

17:00-17:20   Coffee Break

17:20-18:20   招待講演・基礎研究

細胞運命を司るパイオニアたち」
岩渕ー土井 真木子 (University of Pennsylvania)   詳細 →

「限界を突破する次世代太陽電池材料:一兆分の一秒に秘められた新原理」
宮田 潔志 (Columbia University)   詳細 →

 

全発表終了後、運営委員長からの挨拶

伊藤 慶一 (Rockefeller University)

18:20-19:20   ポスターセッション

19:20-19:30   ポスター賞発表・閉会の辞

安西 弦 (JMSA; NYU School of Medicine )

 

*セッション時間内で質問できなかったことや、もっと深く知りたい等のニーズにお応えして、各講演セッション終了後、講演者を交えた座談会を別会場で開催する予定です。お気軽にご参加下さい。