家族で参加する新しいスタイルのサイエンスフォーラムを目指しています

サイエンスフォーラムに家族全員で参加して楽しめるように、会場と同じ建物内にキッズルームを開設します。キッズルームではJAMSNET様と協力することで、アートやダンスなどのお子様向けのイベントに加えて、保護者向けのセミナーを開催します。ぜひともお子様を連れて家族全員でフォーラムに参加してください。キッズルームのイベント参加費は1家族につき$10です。

今年は特別に、ミキハウスさんのご協力により、キッズ&保護者イベントお申し込み先着50家族にミキハウスのクーポンまたは景品を差し上げます!

 

キッズルームのスケジュールはこちら

キッズルームの会場はこちら


Kids Room Seminar

アメリカ子育てQ&A(パネルディスカッション) ー 大部屋:10:00 - 11:40 担当:加納 麻紀、森 真佐子、関 久美子、青木 貴美

アメリカでは言葉や習慣はもちろんのこと、医療システムや教育環境など多くの点で日本と異なります。異文化で日々子育てに奮闘されている親ごさんにとって、教育や医療はとても大きな問題です。日本で育ってきた私たちが、アメリカで上手に子育てをするにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。今回、日米の医療・教育・心のケア・子育てに精通した専門家をお招きして、アメリカでご家族揃って健やかに生活するために役立つ情報や皆さまからの質問にお答えいただく場を設けました。皆さまのご参加をお待ちしております。


サマーキャンプ(ランチョンセミナー) ー 大部屋:11:45 - 12:45 担当:YMCA
レクリエーション ー 小部屋:13:00 - 14:00 担当:YMCA

アメリカの長い夏休み、お子さんたちは何をして過ごしますか?「子どもは夏、育つ」と言われるとおり幼児期から少年期、青年前期にかけて、子どもたちはそれぞれのレベルで親離れをしながら、同時に自主性と社会性を身につけ成長します。この自主性と社会性を身につけるためにはサマーキャンプは絶好の機会です。キャッツキル自然保護区内に位置するフロストバレーYMCAで日本語のキャンプを実施しています。当日は写真や動画を見ながら様々なキャンプをご紹介します。参加費の援助もあります。ぜひ多くの皆さんにご参加いただきたいと願っています。また、レクリエーションにはお子さんだけでもご参加いただけます。手遊びや歌を歌うなどリラックスした雰囲気の中で過ごしていきます。簡単なゲームや体を動かす遊びも取り入れていきます。ぜひご参加ください。


Kids Room Entertainer

親子リトミック(0〜2歳)ー 小部屋:9:30 - 10:30 担当:橘 薫、澤井 碧

日本の童謡を歌ったり、リズム運動や工作をして、遊びながら親子でふれあいます。うたつき絵本の読み聞かせや、オペラの歌の演奏もお楽しみいただきます。五感を使って身体全体で感じる、音楽いっぱいの時間です。ぜひお気軽にご参加ください。


ダンス(3歳以上)ー 小部屋:14:00 - 15:00 担当:佐藤 香枝

ある日、映画を観て、久しぶりに感動して、それを他の人に伝えようと思うと、ついつい回りくどくなってしまい、相手にポカーンとされてしまう時ってありますよね。大人になってしまえば、多くの言葉を知っているし、知識や情報があるゆえ、時々それが邪魔して、素直に表現出来なくなりがちです。そこで、お子さんの柔らかいアタマとココロとカラダで、是非!表現するここちよさに触れさせてあげてみてはいかがですか?絵本やディズニーの音楽を使って、居るだけでも楽しめる空間をご用意致します。少しの時間ではございますが、お子さんの創造力と想像力、表現の扉の発見に繋がるかも知れません。お気軽にご参加ください。お会いできるのを楽しみにしております!


Musicing & Art(3〜6歳)ー 小部屋:10:30 - 11:30 担当:カオル・ロビンス、江口 理絵子、高田 徹

グループ "Musicing"は、NYの音楽療法士たちによって始められました。お子様方と自由に音楽創りをする活動ですが、内容やアプローチは音楽心理療法モデルに基づいています。即興音楽をベースとし、お子様方から出る反応に音楽で関わり、さらに反応を引き出していくことに特徴があります。「自由に音楽を創る」ことは、現代の教育システムの中に置かれている子ども達にとっては、実はあまり容易ではないことが多く、興味を持ったり楽しんだりすることがまず最初の一歩になります。当日は小楽器も使い、お子様方とのセッションを行った後、説明会の時間を設けたいと思います。


折り紙 & アート(年齢制限無し)ー 大部屋:14:00 - 15:00 担当:小林 利子、高田 徹、折り紙療法協会、Origami USA、CJCAT、NYUアートセラピー学科学生