鈴木 琴栄

グループ "Musicing"は、NYの音楽療法士たちによって始められました。お子様方と自由に音楽創りをする活動ですが、内容やアプローチは音楽心理療法モデルに基づいています。即興音楽をベースとし、お子様方から出る反応に音楽で関わり、さらに反応を引き出していくことに特徴があります。「自由に音楽を創る」ことは、現代の教育システムの中に置かれている子ども達にとっては、実はあまり容易ではないことが多く、興味を持ったり楽しんだりすることがまず最初の一歩になります。当日は小楽器も使い、短いデモンストレーションを行った後、説明会の時間を設けたいと思います。

 

プロフィール

上智大学法学部国際関係法学科卒。2004年ニューヨーク大学大学院音楽療法学科修士課程修了。2005年NYUノードフ・ロビンズ音楽療法センターにて資格取得後、当センターにて障がい児や脳卒中後の成人などを対象に実践を積み上級資格取得。現在、コロンビア大学付属病院児童・精神科に在職。2012年よりレズリー大学表現アーツ療法科博士課程に在籍し、音楽療法の研究にも従事。成人のための声や声の即興を用いた音楽心理療法、分析的音楽療法の研鑽を積み、成人を対象にした音楽心理療法や音楽療法士のためのスーパービジョンも行っている。共著に『新しい芸術療法の流れ クリエイティブ・アーツ・セラピー』(フィルム・アート社、2008。共訳書に『音楽中心音楽療法』(春秋社、2013)がある。